FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/04/16

ゴミの分別から始まるエコライフのススメ

富良野がゴミの分別の細かさは「燃やす」「埋める」という従来の考えを覆し、「リサイクル」を基本に考えられています。その成果もかなりのものだと広報で読みました。一人一人がきちんとゴミを分ける、たったそれだけの事。いつも環境問題を考える時に「私たちが今何ができるか考えよう」とよく言いますが、富良野ではそうではないのです。「私たちが出来る事をやろう」とこのゴミ分別が始まったそうです。なかなか出来る事をやろうというのはできそうでなかなかできるものではありません。中には細かいゴミの分別に不満がある人もいるでしょうし、それを守らない人もいるかもしれない。

けれど、「他人にされたくない事は自分もしない」というシステムが富良野にはきちんとあります。それはゴミステーションの当番が必ず順番でやってくること。警告シールを貼られたゴミは掃除当番が責任をもって捨てた人に返すか、処理をしなくてはいけません。人のゴミを触るのって嫌ですよね?逆に自分の捨てたゴミをチェックされて戻されるのもプライバシーの事もあるし、マナーのなってない人と思われるのも社会人として恥ずかしい事。だから自分の捨てるゴミはきちんとルールを守って捨てるという事が当り前のようにできてくると思うのです。実は今日から1週間、ゴミステーション当番がやってきました。ちょっとドキドキです。

富良野へ来て今までよりも自分達の生活にはとても「もったいない」があふれていた事に気がつきました。地球の資源はどんどん減っていっています。温暖化も進行し、このままではいくら便利に楽しく暮らしたいといってもそうできなくなる時代もやってきます。そういう事を真剣に考えて、まずは何を無駄なくできるかと思って実践しているのが太陽の力を利用する事。こうやって食器の油汚れが落ちやすくなるようにぬるま湯を太陽に作ってもらっています。これがかなり暖かい!!!びっくりするほど暖かいので夏にはこれでシャワーができるんじゃないかって思うくらい(笑)
確かに今の家はガス給湯でガス代をおさえるための節約術でもありますが、地球の資源を節約、というところでもとても良い事だと思っています。水でも何でも「普通」に使える生活環境に感謝し、「自分にできる事」をもっともっと実践していきたいです。みなさんも生活の「原点」を見直してみませんか?


↑ランキング参加しています。クリックお願いしますm(__)m何位になったかな?
スポンサーサイト
日々の徒然 | Comments(6) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。