FC2ブログ
2006/08/10

言葉の重み


今日も真夏日富良野!1週間近く32度ほど。さすがにしんどい。冷房ないし。

このクソ暑い中、森で遊ぼうのガイドもがんばっております。でもやっぱり森はすごい!暑いんだけど、あの「むわっ」「もわっ」と来る暑さがないんです。木陰だと風も爽やか。木ってすごいなぁ。自然ってすごいなぁ。

今日の森で遊ぼうはとても色んなことがありました。エゾサンショウウオを見つけてみんな大喜び!札幌から来たユウくんは虫(蛾とか)が怖くて泣いてしまいましたが、ニジマス捕獲大作戦をやりだしたらヒートアップしてそれまでブ~ンと近づいてくる虫に過敏に反応してたのが全く気にしない様子(笑)。サエちゃんのおばあちゃんもニジマス捕獲大作戦で見事な釣りっぷり!ユウくんのお父さんもそうでしたが、サエちゃんのおばあちゃんも「子供の頃に戻ったみたいだわぁ~♪」とおおはしゃぎでした。こういう姿を見るのはとてもうれしい事です。

そしてこのクソ暑さで自分が涼みたかったのもあり、子供達に「川に入ってみない?」とお誘い。案の定「行きたい!」ともうわっくわく。川の水は30秒とも入ってられない冷たさでしたが、本当に気持ちよくて楽しかったです。

さらにこの日は事件発生!今まで2回ほどオオスズメバチに遭遇はしましたが、それは通り過ぎるだけだったり、樹液を吸っているところだったりと遠くからの遭遇ばかりでした。でも今日はとうとうやってきました。お昼ごはんを食べた後に彼女はおもむろにやってきました。目の前を大きなハチがぶ~~ん…。すぐにど~やんに報告!ど~やんはプロのガイドですから「動かないで!」と冷静に対処。みんな「だるまさんころんだ」状態。スズメバチに遭遇したらまずは動かないこと。怖いけど、近くにぶんぶん飛んでいても払ったり顔を背けたりしないこと。じっとただひたすらじっと耐えるのみ…。その様子はこちら→http://www.geocities.jp/do_yan3/diary.html ど~やんのレクチャーによって完璧なまでの静止。1人の男の子のまわりをかなりしつこく飛び廻っていました。周りのみんなで「がんばれ!」「もうすぐだからじっと我慢!」と声を掛け合いました。オオスズメバチが遠くへいった後、お父さんの胸で号泣。私でも号泣していただろうなぁ…。よく頑張った!そしてとても貴重な体験だったかもしれません。そしてやはりど~やんのように冷静に対処、そして正しいレクチャーのできるガイドになりたいものです。

そんな駆け出しなんちゃってガイドのオイラですが、今日、とてもうれしい一言をサエちゃんファミリーから頂くことができました。

「今日はとても楽しかった!ありがとうございました!!」

・゚・(ノД`;)・゚・不安と自信のなさばっかりが目立つ私にこの言葉…。明後日もまた森ガイドですが、この言葉を胸にがんばります。サエちゃん、ユウくん、こちらこそ本当にありがとう!みんながとても何にでも興味を持って、しかも森を楽しもう!って思いがとても強かったので逆に私が楽しませてもらったんです。だからきっと、私の「楽しい」って気持ちが伝わったのかもしれませんね。



ランキング参加しています。クリックお願いしますm(__)m何位になったかな?
スポンサーサイト



日々の徒然 | Comments(12) | Trackback(0)
 | HOME |