--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/02/20

ばんえい十勝~朝調教見学ツアー

昨日から帯広に行っておりまして、先程帰宅しました。今回の旅の目的はばんえい十勝のばん馬朝調教見学ツアーの参加!流氷も接岸しているし、どうしようかと悩みましたがやはりあつぼんに連休がないので近場の帯広で。

でも行ったからには楽しみますよ!
20110220ばんえい
19日の土曜日にプレミアムラウンジにてばんえい競馬を観戦。馬券は買わずに応援のみ。オイラもあつぼんも2度目のばんえいですが、一緒に来たのは初めて!で、2人とも第2障害を懸命に登るばん馬を見て泣きそうに…がんばる姿は美しいものです。そして全てのばん馬が通過した後にわらわら出てくる係員さんの動きも好き(笑)。

さてさて。朝調教見学ツアーは朝の6時に厩舎集合。
20110220ばんえい2
まだお月さまが出ておりました。今朝の帯広は氷点下7度ほどであったかい。これが氷点下20度を下回る朝だったら…外にはいられませぬな。

20110220ばんえい3
厩舎。調教師さんとばん馬が生活を共にするところです。帯広では現在、約500頭のばん馬が生活しています。牧場で生まれたばん馬は1歳を過ぎるころに競馬場へやってきて調教を開始されます。

20110220ばんえい4
そりは厩舎ごとに並べられていて、調教時には約200kgのおもりを乗せています。そりも大きいけれど、ばん馬もでっかい!サラブレッドの約2倍の体です。農耕馬らしい逞しさに圧倒されます。

20110220ばんいえ5
「今日は雪で足元が滑りやすいのであんまり馬が多くでていません」と言われていてがっくりきてましたが、全然沢山出てました!グイグイと元気に歩く馬は好調と言われているそうです。

20110220ばんえい6
ばん馬では珍しいほどおとなしく、知らない人が触れても全然穏やか。前髪が結ってあるのがラブリー☆

20110220ばんえい7
そしてなーんと!そりに乗せてもらいました!!「乗りたい方、いらっしゃいます~?」との問いにソッコーで「はいっ!!」と挙手。調教ツアーのたびに行われているのかと思いきや、パドックさんが「とっても珍しいことなんですよ~」って。とってもラッキーでした☆

20110220ばんえい8
調教師さんか騎手にしか見られない光景。ぐいっと引っ張る力は想像以上にものすごい!間近に見るばん馬たちは迫力満点です。この時の調教師さんが女性の方だったんですよ~。騎手にも1人女性がいらっしゃって、男性社会で活躍する姿はばん馬以上に逞しく、美しかったです。

20110220ばんえい9
体から立ち上る湯気。氷点下20度近くになった朝には凍りついて顔が真っ白になるほどなんですって。これが見たくて朝調教ツアーに参加したんです(^^)

20110220ばんえい10
障害の練習をする馬たち。軽いおもりなので駆け上ってくるんです!これはすごい!

20110220ばんえい11
それでも「ため」の練習も欠かさず行われていました。レースの時は2つある障害をどうクリアするかが勝敗を左右します。一気に攻めるのか、それとも一息ついて最後まで力を残して逆転劇を繰り広げるのか…これがばんえい競馬の魅力の1つです。

20110220ばんえい15
こちらはスタート地点。スタートにまつわる色々な話が沢山聞けました。ばんえい競馬では通常の競馬では見られない光景があるらしく、それは「脱糞」(笑)。緊張なのかなんなのか、馬がゲートに入るとプリプリ…と。すると騎手は「脱糞!!」と挙手をし、スタートを待ってもらうようです。掃除をするためのほうきも完備(笑)。

20110220ばんえい14
ゴール地点。ばんえい競馬ではそりの最後端がゴールラインを通過するまでゴールとみなされません。こちらのゴール地点はばん馬の集中力が欠けてしまうのでレースの時には入れないのですが、3月14日には特別にここでカメラを構えることができるんですって!!行きたいーっ!!

20110220ばんえい12
コースの下にはヒーティングが完備されているので寒さ厳しい帯広の冬でも凍結せずに熱いレースが繰り広げられます。この燃料代がけっこう大変らしく、まだまだ経営が厳しいばんえい競馬ですので皆さん応援してあげてくださいね~。

20110220ばんえい16
あっという間の1時間ほどのツアー。最後はスタッフ食堂でホットドリンクを。コーヒーとお茶かぁ♪、と思っていたところ「紅茶の方はいませんか?」とスタッフさん。「はい!!」とここで本日2度目の挙手(笑)。そしてばんえい十勝を盛り上げるべく、蹄鉄がデザインされた紙袋を頂きました。この袋を買い物などの時に使ってばんえい十勝を広めてくださいとのこと。Uの字の蹄鉄は「お金が入る」とされているらしいですよ♪当初、蹄鉄の向きが∩の字だったそうです。すると騎手から「下向きだとお金が出ていく意味になるからUの字がいいよ」と言われて今のデザインになったんですって。

もっともっと写真も載せたいし、色々伝えたいことがあるのですがそれはもう直接帯広競馬場へ行って体験してみてくださいっ☆世界にたった1つ、そして北海道の開拓の歴史を支えてきたばん馬たちをこれからも応援していきたいと思います。

人気ブログランキングへ←最後まで読んでくださってありがとう!ランキングに参加しています。応援クリックお願いしますm(__)m!何位になったかな?

デコボコ凍結路面の競馬場内を自転車で移動する調教師さん(笑)。
20110220自転車
スポンサーサイト
冬のおでかけ | Comments(10) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。