--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/06/25

ロンサム・ジョージ

この前まで寒かったのに、「ちょうどよい」をまたもや飛び越えて夏日となりました。しばらくは暑い日が続きそう…。

昨日のランチ日記をアップしようと思ったのですが、なんだかショックだったのでかめ日記。

20120625かめこ

いや、実家のかめこがいなくなったわけではありません。

唯一のガラパゴスゾウガメの固有種だったロンサム・ジョージが亡くなりました。

ロンサム・ジョージのことは弟1号の影響で小さな頃から知っていて、幼心に強烈なインパクトを与えたことを覚えています。最後の1匹になるというのはどれだけ寂しいのだろうって。私達人間は彼が体をはってまで残した「最後の1匹」というメッセージを今度こそきちんと受け取らないといけません。

彼に対しては子孫を残すための活動を学者たちはしてきたのだけれども、きっと疲れたでしょう。仲間たちが次々と人間に乱獲されて、それをじっと見つめてきたロンサム・ジョージ。そのうち現れた人間には手厚く保護されて。人間たちの好き勝手をどのように感じてきたのでしょう。彼に子孫が残らなかったのも、「自然は人間の思うようには操れない」というメッセージなのかもしれません。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←最後まで読んでくださってありがとう!ランキングに参加しています。応援クリックお願いしますm(__)m!何位になったかな?
日々の徒然 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
あのニュースは私も残念でした(--;)
015さんみたいに前から知っていたわけではなく
数年前に特番で知ったのですが、
こそっと「頑張れ~」と思って観ていたので
亡くなったことを知った時、驚いてしまいました。

発展の途上でいろいろな生き物が姿を消してきましたね。
いつか、本当の共存が出来るようになる日が
来るといいですね。
こんばんは~
そうですね。ロンサム・ジョージ以外にもひっそりと姿を消していった生き物は数知れず。植物も含めたらものすごい数でしょう。それらの命の連鎖を止めてしまったことを忘れずにいたいです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。