FC2ブログ
2006/08/28

スタッフTシャツ

一針
アルパインスタッフ・マッチョくん。ミシンもふめるアウトドアガイドさんです。マッチョくんのHP→http://www.hitohari.com/“一針(ひとはり)”というブランドを持っています。毎年スタッフTシャツを作成されるそうで、販売もしております。

デスクこちらはデスクスタッフのTシャツ。


川こちらは川スタッフのTシャツ。(洗濯してしわしわ…)オイラも着ています。
ほかにも黄色の外スタッフTシャツや、SotoCafeスタッフのTシャツなどなど、いろいろあるんです。アルパインビジターセンターで販売もしているのでぜひ富良野土産にどうぞ。

さて、オイラですが今日で「森で遊ぼう」のなんちゃってへっぽこガイドが終了しました。お客さんにインフォするのにどんなもんか…とついていったのがいつの間にかガイドまで(笑)。今日、ど~やんに「楽しそうに見えへんかった」と言われ、「れいちゃんは森が好き?」と聞かれました。正直、遊ぶのに森は好きです。仕事となると、どうしても子供が苦手だし昆虫もあんま好きじゃないし、構えている自分がいました。森を楽しむ余裕が自分にはありませんでした。「森が好き?」との質問にも、「好き」と即答できませんでした。「好き」の前にどうしても「自分は素人なのにいいのか!?」というプレッシャーが大きくて…。好きだったらできる!って人もいるけれど、私はそうはなれないのです。「楽しかったありがとう」って言ってくれたお客さんもいたけれど、それはお客さん自身がノリノリだったからでしょうね。実際、静かなお客さん2組をつれて森を散策していたときは沈黙続きで2時間が長いこと…。そういったお客さんをも楽しませるには、やっぱり自分が仕事を忘れて楽しまなくてはいけなかったのですね。くー!それができたら苦労せんわい!となかば逆ギレしちゃいそうです(笑)。それでもこんな経験できるなんていい夏でした。


↑今日はめっさ涼しい1日。一気に秋!
ランキング参加しています。クリックお願いしますm(__)m何位になったかな?

日々の徒然 | Comments(10) | Trackback(0)
Comment
ガイド終了お疲れ様でした!!色々あった事でしょうが、きっと良い経験になったのだろうと思います。まずは「お疲れーー!!」でした。森とは違うんですが、この間の休みの日に父に案内されて実家の更に山奥へと足を運んでまいりましたが、「おおーー、こんな絶景ポイントがあったのか!!」と叫んでしまうほど素晴らしい景色を眺めてまいりました(羊蹄山と尻別岳とルスツリゾートのスキー場が一望できるのです(笑))んで、行く途中に湧き水も湧いてます。ただ、道があまりよろしくないので車で行くなら軽の四駆で行くのがベストです(道幅も狭いし)

それはそうとTシャツ販売してるとは、まるで買いに来いと言わんばかりに・・(笑)富良野ガラスに続いてまたまた行く口実が増えてしまってニンマリするTOSHIでありました(よっしゃ!!、と(笑))
ガイドって向き不向きって結構大きいかなって思うわ。
あたしは人前で話す事は特に苦手じゃないんだけど、
慣れるとだらけたガイドになっちゃったり、
見ている人と同じ目線になれずに
お客さんにとって新鮮なものを伝えられないように思うから
向いてないタイプなのかなーと。

身構えないで「森好き!だからみんなにも好きになってもらいたいから
ガイドもやってみたい!」ってな感じの人は
向いてるのかなー。
015さん、『楽しい!』って自分の心のどっかから気付いたら湧き出てくるもんであって、改めて『楽しい?』って聞かれるとそういえば楽しいかも・・・って感じだろうし、そんな自分にはっとさせられるっつうか。。。まだまだ森に足を運んで自分の庭みたいになってからでもいいんじゃないかな?ゆっくり行こう、ずーっと富良野に住むんでしょ?もっとフィールドに入ってそしてじわじわと心に入って来て気付いたら『大好きでしたぁ!』でponはいいと思うよ。ガイドって仕事結構大変なんだと私は思うの。それにチャレンジしてみただけでも015さんの今夏は◎ですがな。。。さぁ、ヒマになって来た事だし遊ぼうね!
お疲れ様でした~!
れいれいさんが思うことは当然の疑問で、最初から森を楽しんでお客も楽しませるって難しいでしょう?
それでも回を重ねるごとに、両方楽しめて充実したお仕事ライフになっていくのでしょう!
自然を相手の素晴らしいお仕事ですから、また頑張ってチャレンジしてくださいね。
ガイドさんって、知識と経験が必要なのかもしれませんね。もちろん、自然が好き!というのも。
3年前に知床に行った時、ネイチャーガイドさんと1対1で回りました。
個人的な話はほどんどしなかったんですが、歩いている途中の自然の話題が豊富なんです。
この木には、いつ頃、どのくらいの熊が爪あとを付けた、とか、なぜ木は中身が空洞でも生長してるのか、とか。
そんな風に、自然の変化に興味を持つのも一つなんでしょうねぇ。
...なんてな♪
おおー!喜茂別の絶景ポイントにぜひ行きたかった…。今度是非写真撮って見せてくださいな。
私はおしゃべりが得意じゃないから不向きかも。話題のとっかかりが下手なのよ。
ありがとー。チャレンジしたことをそう言ってもらえると「やってよかった」と思えます。自分でも凹んだり、「やった!」っていろいろあったから、どうのこうのよりも、まずはこの夏の経験を大事にしたかったのです。
確かにお金を頂いてのことなので、しっかりしなくてはいけないのですが…。
ありがとうございます~。

知識は勉強でカバーできる、と思っていたのですがデスク業務と兼任で毎日「ひぇぇぇ~~~~」ってな具合で夏が終わってしまいました。
もう1人のガイドさんは昆虫が大好きで森にいるだけで楽しい!って人だったので余計に私がしょぼくれて見えたのかもしれません(笑)。それでも昆虫があまり好きじゃないのでなんとか自分のできるような森の遊びはないものか…と時間のあるときはネットで調べたりするのは楽しかったですよ。
そうですねぇ。日々変わる自然の変化に気づける自分でありたいものです。「何か話さなきゃ!」ってばっかり気になってぜんぜん回りが見えてなかったです。いろんな好奇心も大事ですね。

管理者のみに表示